ガラスのうさぎ

青空とガラスのうさぎ像

二宮駅の南口にガラスのうさぎを抱いた少女の像があります。第二次世界大戦時に空襲においてこの二宮駅で父を失った少女時代の悲惨な体験を綴った高木敏子さんの小説「ガラスのうさぎ」の中で、けなげに生きる少女を温かく励ます二宮の人たちの様子がせめてもの救いとして語られています。二度と戦争はあってはならないと、永遠の平和を願う多くの人々の浄財によって昭和56年にこの像は建てられました。

  • 青空とガラスのうさぎ像

    青空とガラスのうさぎ像

  • 平和への願いを込めて、毎年8月1日から8月15日まで「ガラスのうさぎ」像に千羽鶴を飾っています。

    平和への願いを込めて、毎年8月1日から8月15日まで「ガラスのうさぎ」像に千羽鶴を飾っています。

二宮町観光協会について