トップページ 食べる・お土産

食べる・お土産

二宮の特産品

みかん
二宮の特産品:みかん

湘南みかんは、豊かな相模湾と温暖な気候の恵みにより育まれ、酸味が強めで、甘みとのバランスが良く、懐かしい味の濃いみかんです。二宮では「大津」「青島」などの品種を中心に栽培しています。春には白い可憐なみかんの花が咲き、甘い香りを畑いっぱいに漂わせ歩く人を楽しませています。出荷時期は、9月下旬より2月頃までです。「みかんの木オーナー制度(7〜8月受付)」や「みかん狩り(11月中旬〜12月中旬)」も大変好評です。

体験観光 みかん狩りへ

しいたけ
二宮の特産品:しいたけ

県下で生産量第一位の原木しいたけは、クヌギやコラナを原木にして育ち、肉厚で香や味が濃く、食感も良いことで大変好評です。
一年を通じて出荷

たまねぎ
二宮の特産品:たまねぎ

二宮で採れた玉ねぎは、その生育にマッチした気候風土の恵みを受けて、やわらかくて甘いので生食用にも適しています。出荷は4月中旬から2月中旬までです。また旧神奈川県園芸試験場(二宮)が昭和36年に育成した神奈川生まれの赤い玉ねぎ、「湘南レッド」(出荷6〜8月)の品種があります。普通の玉ねぎに比べて、辛味や刺激臭が少なく、強い甘みが特徴で、シャキシャキした食感が歯切れ良く、水分に富んでいるため生で食べるのに適しています。

JA湘南へ

落花生
二宮の特産品:落花生

二宮町等を含む旧中郡一帯は、海岸沿いの砂混じりの土壌と、火山灰が蓄積した土壌で水はけが良く通気性がいい事から落花生の栽培に適している為、古くから落花生の産地として知られ、「相州落花生」として県の「新かながわの名産100選」に選ばれています。明治6年に二見庄兵衛(吾妻村字釜町、現在の二宮町)氏が横浜から種子を取り寄せて栽培して、8年頃には近所の知人にも分けて広く培養しました。これが今の二宮の落花生で、「相州落花生」の元祖とも言われています。二宮町には落花生を加工製造している専門店があり、各店舗でそれぞれのこだわりと個性があるのが特徴です。

二宮の地場産農産物の直売所はこちら
二宮で楽しめるみかん狩りはこちら

水産物
二宮の特産品:水産物

相模湾の二宮沖には、「瀬の海」と呼ばれる生粋の好漁場があります。暖かい太陽の光を受けた良質なプランクトンに恵まれることからアジ、サバ、石鯛など多種多様な水産物に恵まれています。

二宮の新鮮な海の幸がお買得に

観光&お食事マップ
二宮の観光&お食事マップ

二宮ブランド

二宮ブランドロゴ

二宮にまつわる資源やイメージを活用した飲食品で一定の基準をクリアしたものを二宮ブランドとして認定しています。おみやげやご贈答におすすめです。

詳細はこちらから






お車をご利用(駐車場) 電車をご利用