前のページに戻る

西光寺 事業紹介
かやの寺 無量院雨寶院西光寺(境内に「念ずれば花開く」)の碑
当山は、鎌倉時代(1300年)頃に快實の開山と伝えられる真言宗の寺です。その後、室町時代天正四年(1576年)に良印により再興され、現在の本堂は江戸時代中期安永二年(1773年)全壊により再建された建物で関東大震災にも耐えて現在に至っております。樹齢500年余の「かや」の木は、二宮町の天然記念物に指定され、守護木として皆様を見守っています。子育て延命地蔵尊(江戸時代後期寛政九年:1797年建立)は津波や疫病で、尊い命を落とした多くの子どもたちの供養と子どもたちの幸せを願い押切地区村民の総意により建立された地蔵尊です。当山では、この「生かせいのち」の願いを十月中旬に地蔵祭りを催し、今に伝えております。
住所/ 二宮町川匂230 電話番号/ 0463-73-2896 FAX/ 0463-73-4861 駐車場/ あり

img img img
 主な行事   
  元旦  初護摩
  3月21日 弘法大師御縁日 彼岸供養会と催し
  5月5日 花まつり
  5月第4土曜日 大施餓鬼会、先祖供養祭
  8月13日〜 お盆
  9月20日〜 お彼岸
  10月中旬 地蔵まつり
  12月31日   お焚き上げ、除夜の鐘 11時半〜





お車をご利用(駐車場) 電車をご利用